Help

豚バラ軟骨のピリ辛味噌らーめん・ノーマル@Nii・豊島区大塚

  • 45

Photos: 豚バラ軟骨のピリ辛味噌らーめん・ノーマル@Nii・豊島区大塚

Photos: つけ麺ペペロッソ・大@ajito ism・品川区大井町 Photos: オマール海老ラーメン@ビスク・北区東十条

Nii(にー)
  豊島区南大塚3-46-5 中島第3ビル1階

 先週の金曜日から提供が始まった限定メニューで、豚バラ軟骨を使った辛味噌ラーメンという魅力的な一杯。Twitterの写真では東北でパイカ、沖縄ではソーキと呼ぶ豚バラ軟骨が大きくてボリュームがありそうな上、麺が少ししか見えないくらい具だくさんな姿だ。早ければこの日で売り切れて提供終了となると呟かれていたので、これは是非食べてみたいと訪れた。11時20分にお店に着くと何と先客はゼロで閑散としている。もしかすると口開けの客のようだ。その後はぼちぼちとお客が集まり、退店時には後客も5人くらいいた。券売機横の黒板には本日の限定として本メニュー名が書かれていたが、そこにはスペシャル1500円とノーマル1200円の2種類があった。違いが分からないので横についてくれた女性店員さんに尋ねると、スペシャルは特製、全部載せみたいなものとのことで、お薦めはノーマルに100円のミニライスを追加して、〆に即席雑炊にするのが良いと。素直にそれに従った。
 麺は縮れた太麺。かなり硬い食感でそう簡単には噛み切れない。先日の赤味噌ラーメン@九段下 中路(http://photozou.jp/photo/show/3181738/270442653)の麺によく似ているが、中路が東京製麺の麺なのに対しこちらは埼玉県新座市にある村上朝日製麺所の麺を使っていて製麺所が違うので全く別の麺だ。また、仕上げも中路よりもNiiの方が硬めだ。後述するようにスープはしっかり味で、具材もボリュームがあるので、それらに負けないようにと考えて縮れ太麺の硬め仕様にしているのだろう。スープは濃厚で旨味豊か。辛さはピリ辛程度で、味噌の風味はそれほど強くなく、中華ではなくコンソメのような洋風っぽい味わいだ。店長さんが「どうですか?」と聞いてきたので一言二言話をしたところ、店長さんは辛いものが苦手でこれが限界の辛さ。その代わり、辛味以外のスパイスも加えて豊かな味わいにしたとのことだった。これがコンソメっぽく感じた理由のようだ。なお、各種スパイスが使われているといってもカレー風味ではなく、辛味以外は隠し味程度で目立たない。後半になってじんわりと汗をかき出したが、これは辛さによるものではなくスパイスの効果だろう。注目の豚バラ軟骨は、大ぶりのものが2切れも載っている。薄めの醤油味で味付けしてあり、軟骨が十分に軟らかくなるまで煮てあるので難なく食べられる。軟骨以外にはモヤシとシメジを茹でたもの、枕木メンマ、それに輪切りのライム、木口切り九条ネギ、糸唐辛子が載っている。野菜はネギとライムに隠れて見えないがそこそこの量があり十分。また、メンマはジャグジャグと軟らかく、少し甘めの味付けが施してある。
 麺と具材を食べ終えても、当然、スープが残る。そこに小振りなご飯茶碗に入ったミニライスを投入し、お薦めの即席雑炊を作って完食。なお、ライスには、日頃食べ慣れた市販品とは違う海苔の佃煮が添えてある。この佃煮が絶品でライスと一緒に頂いてから、残りのライスをスープに投入した。

・お気に入り度:〇+

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.