Help

デニムアンドルビー(5回東京8日 11R 第33回 ジャパンカップ(GI)出走馬)

  • 276

Photos: デニムアンドルビー(5回東京8日 11R 第33回 ジャパンカップ(GI)出走馬)

Photos: ジェンティルドンナ(5回東京8日 11R 第33回 ジャパンカップ(GI)出走馬) Photos: エイシンフラッシュ(4回東京9日 11R 第148回 天皇賞(秋)(GI)出走馬)

撮影場所:東京競馬場(東京都府中市日吉町1番1号)

撮影日時:2013年(平成25年)11月24日(日)午後3時15分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-TX55

その他:この馬の父はデビューから引退まで武豊(京都府京都市伏見区出身)が鞍上を務め国内では2005年(平成17年)の皐月賞、日本ダービー、菊花賞を勝利し同年の年度代表馬になったディープインパクト、母は未出走のまま競走馬を引退し繁殖牝馬に登録中のキングカメハメハの初年度産駒であるベネンシアドール、父方祖父は競走馬時代は米国で活躍し引退後に日本で種牡馬に登録されたサンデーサイレンス、父方祖母は英国で調教され競走馬引退後に日本に輸入され繁殖牝馬に登録中のウインドインハーヘア、母方祖父はNHKマイルカップと日本ダービーを優勝するも、秋の天皇賞直前に屈腱炎を患い引退に追い込まれたキングカメハメハ、母方祖母は出走すること無く競走馬を引退し繁殖牝馬に登録中のフェアリードールである。重賞勝鞍は2013年(平成25年)の府中のサンケイスポーツ賞フローラステークス(G?)(準優勝馬はエバーブロッサム)と同年の阪神の関西テレビ放送賞ローズステークス(G?)(準優勝馬はシャトーブランシュ)である。G?は6回出走し、2013年(平成25年)の府中のオークスは3着(優勝馬はメイショウマンボ)、同年の京都の秋華賞は4着(優勝馬はメイショウマンボ)、同年のエリザベス女王杯は5着(優勝馬はメイショウマンボ)、同年のこの競走(ジャパンカップ)は優勝馬ジェンティルドンナとハナ差の2着、2014年(平成26年)初戦であるドバイシーマクラシックは伸びを欠き10着(優勝馬はジェンティルドンナ)、府中のヴィクトリアマイルは7着(優勝馬はヴィルシーナ)である。次走はまだ決まっていない。

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.