Help

ジェンティルドンナ(5回東京8日 11R 第33回 ジャパンカップ(GI)出走馬)

  • 297

Photos: ジェンティルドンナ(5回東京8日 11R 第33回 ジャパンカップ(GI)出走馬)

Photos: ゴールドシップ(5回東京8日 11R 第33回 ジャパンカップ(GI)出走馬) Photos: デニムアンドルビー(5回東京8日 11R 第33回 ジャパンカップ(GI)出走馬)

撮影場所:東京競馬場(東京都府中市日吉町1番1号)

撮影日時:2013年(平成25年)11月24日(日)午後3時18分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-TX55

その他:この馬の父は国内では2005年(平成17年)の皐月賞、日本ダービー、菊花賞を勝利し同年の年度代表馬になり2006年(平成18年)のジャパンカップも勝利したディープインパクト、母は未出走のまま競走馬を引退し繁殖牝馬に登録中のドナブリーニ、父方祖父は競走馬時代は米国で活躍し引退後に日本で種牡馬に登録されるも2002年(平成24年)に死亡のため種牡馬登録を抹消されたサンデーサイレンス、父方祖母は英国で調教され競走馬引退後に日本に輸入され繁殖牝馬に登録中のウインドインハーヘア、母方祖父は米国競馬で活躍したバートリーニ、母方祖母はカロリーノーマズレディーである。京都競馬場の新馬戦では2着だったが、阪神競馬場の未勝利戦で初勝利。その後京都のシンザン記念(G?)で初重賞制覇をすると、桜花賞、優駿牝馬(オークス)、秋華賞、ジャパンカップとG?を4連勝している。今回の競走(第33回ジャパンカップ)でも勝ちG?5勝馬になっている。明け5歳の初戦は京都記念(G?)で、伸びを欠き着順は6着、初の馬券圏外である。しかしドバイシーマクラシック(G?)は昨年2着の借りを返す形で1着、G?勝利数は6勝で現在は種牡馬登録されているオルフェーヴルと並んだ。しかし阪神の宝塚記念G?)は9着、府中の天皇賞(秋)(G?)は2着、府中の2014年ジャパンカップ(G?)は4着と伸びを欠き続けたが、ラストランである中山の有馬記念(G?)で勝ってG?7勝目、有終の美を飾るとともに、父ディープインパクトも有馬記念を勝っており親子制覇を成し遂げた。引退式は中山競馬場で行われ、フジテレビアナウンサーの福原直英と細江純子が司会を務めている。正式引退後、ノーザンファームに移動し繁殖牝馬に登録され、2015年(平成27年)の種付けシーズンから種牡馬との配合を開始し、早ければ2016年(平成28年)に産駒を出産する予定。

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.