Help

キャロムショットのウォールナットグリップを、塗装しますた

  • 1
  • 8
  • 13434

Photos: キャロムショットのウォールナットグリップを、塗装しますた

Photos: コクサイMHWモデルガン コクサイリボルバー  その1 Photos: AirsoftGun マルイのガバ弄り(その2) ハイキャパ・マッチカスタム改&デトニクス改

どれもキャロムショットのタナカS&W用オーバースクエア・ウォールナット・グリップだす。
塗装する前は、どれも、少し黒ずんだ薄茶色でした。
(しかし、下左の個体は黒ずみの少ないアタリ個体でした。)


画像内、
上左の奴は、メープル色の水性ステインを塗って木地の色を
明るくした上に、ワトコ・マホガニー色オイルを塗った物。
昔の軍用小銃の銃床を想わせる良い感じの発色です。

下右の奴は、ステインは塗らないで、ストレートに
ワトコ・マホガニー色オイルを塗ったもの。
木地が黒っぽいので暗い発色になりました。
このようにワトコ・マホガニー色オイルは、
下地の色によって発色が大いに異なるので、面白いです。

下左の奴は、バーチウッドのトゥルーオイル(無色)を塗った後、
表面保護のために、油性ウレタン・透明つや消しを塗りました。
しかし、このウレタン透明つや消しを塗ったのが失敗でしてね、
トゥルーオイルだけの仕上げの時は、木素材の微妙な色の諧調等が
引き立てられてる感じで綺麗だったのですが、
それをウレタン透明つや消しが、台無しにしてしまったのです。
これはやはり、ボトルの説明書通り、ウレタンなんか塗らないで、
ワックスを塗るべきだったか。。。
(でも、カチカチに硬化する油性ウレタン塗膜は頼もしいし、
このつや消しは、滑り止め効果が抜群だぜ!)

ここに写っている4セットのグリップ全部、つや消しクリヤーを
吹き付けたのですが、
それぞれ吹き付けのやり方や、塗り重ね等を変えているので、
つや消し具合が同じではありません。
つや消しクリヤーを吹く前に、光沢クリヤーを下塗りしたせいか、
良い感じに半光沢に仕上がったのが、上左と下右。
つやが消え過ぎたのが、上右と下左。

上右の奴は、ワトコ・チェリー色オイルにマホガニー色オイルを
混ぜて塗った物。
どうもワトコ・チェリー色オイルは、キャロムのウォールナット材とは
発色の相性が悪いようで、良い色になりません。

これらオイルの塗り重ね回数は、どれも3~4回に留めました。
特にワトコオイルの場合は、それ以上重ねると、いつまでも半乾きな感じで、
完全に乾いてくれるのは1年以上先、なんて事になりそうでした。

Favorite (1)

1 people have put in a favorite

Comments (8)

  • 烈風@

    バーチウッドのトゥルーオイル(ガン・ストック・フィニッシュ用)は、ネット内で、
    乾燥が早くて使い易いという評判を見て、試しに使ってみたのです。
    一般の木工フィニッシュ・オイル(ワトコオイル等)は、
    塗って15分前後放置後、染み込まなかったオイルは拭き取るものなのですが、
    トゥルーオイルは乾燥が早いために、その拭き取りが出来ません。
    怪訝に思い、トゥルーオイルの使用法を和訳してみると、

    1.~2.オイルを塗る前に、
      木の表面の古い仕上げ層を剥がして、ヤスって滑らかに整えておくこと。
    3.オイルは指や布を使って、木目に沿って均一に塗ること。
      乾燥時間は少なくとも2時間は要する。
    4.乾いたら、#00番のスチールウールで軽く磨く。
    5.好みの状態になるまで、3.と4.を繰り返す。
    6.最後は、更なる美化と保護のために、
      バーチウッド・ガンストック・ワックスを塗ること。

    てなことが書かれてました。
    だから、このオイルは拭き取るやり方ではないのですね~。
                            〈つつ゛く〉

    08-26-2012 07:25 烈風@ (1)

  • 烈風@

    〈バーチウッド・トゥルーオイルの続き〉

    初めてこのオイルのキャップを開けてみた時は、
    ビニールの臭いをきつくしたようなツーンとくる臭いに尻込みしましたが、塗っているうちに慣れました。
    塗って乾けば、臭いは消えます。
    このオイルの原材料は、リンシードオイル(亜麻仁油)と植物性オイルそして
    乾燥促進剤、とだけ記載されてます・・・。
    塗って乾くと、アクリルの水性クリヤーみたいな塗膜になります。
    更に説明書によると、
    ただの亜麻仁油と違って、塗布後は黄変しない、そうです。

    08-26-2012 07:28 烈風@ (1)

  • 烈風@

    このキャロムショットのKフレ・オーバースクエアと、
    S&W純正グリップ(メダル裏に銀色の皿が付いたタイプ)を
    握り比べてみたのですが、
    どちらも甲乙つけがたい握り心地ですね。
    私の手は手袋サイズがLLなので大きい方ですが、
    強いて言えば、
    S&W純正品の方が握った時の中指・薬指・小指等の収まりが良く、
    安定感を覚える握り心地でした。

    外形は、真横から見るとどちらも似たような形です。
    真後ろから見ると、S&W純正品は上から下へと裾広がりに厚味が増してますが、
    キャロムショットは、上から下まで厚味は一定で、
    S&W純正品よりも少しスリムに出来てます。

    タナカのガン本体との合いは、どちらも文句の無い合いの良さですけども、
    強いて言えば、S&W純正品のほうが、よりしっかりとピッタリ合います。
    つまり、タナカのKフレ・スクエアバット・フレームはリアルサイズなのでしょう。
    (後日、このコメント内容の不適切な部分を削除しました)

    08-26-2012 11:03 烈風@ (1)

  • やまべぇ

    僕は意外とM10の2incとか好き^_^

    08-29-2012 09:10 やまべぇ (68)

  • 烈風@

    やまべぇさん、こんにちわ!

    渋いお好みですね~。
    ハードボイルドっぽくて、良いじゃないですか。
    昼間ですけど、
    ハードボイルドっぽくバーボンをクピクピ飲みたい・・・。
    肴は、食客猫の山田くん画像で(笑)。

    08-29-2012 12:47 烈風@ (1)

  • 烈風@

    CAWのColt SAA HW樹脂製モデルガン

    画像とは無関係な事ですけど、
    現ロット品を2丁、手に入れました。
    既に旧ロット品を5丁所持してますけども、
    未だ持ってなかったバレル長の物を、今回買い足した、という事です。
    それで判ったことは、
    旧ロット品では、シリンダー後部とフレームとのクリアランスが足りなくて、
    カートリッジをシリンダーに装填すると、シリンダーが回転不良になる個体が
    まま有ったのですが、
    現ロット品では上記のクリアランスが改善されているようで、
    2丁とも箱出しで完璧作動いたしました。

    01-10-2013 08:59 烈風@ (1)

  • 烈風@

    K.Oさん、お気に入り有難うございます!

    11-23-2014 05:08 烈風@ (1)

  • 烈風@

    ウォールナットのグリップは、表面が未仕上げに見える物でも、
    毎日触っていれば、手の油と摩擦によって、だんだんと
    ツルツルテカテカになって、色も濃くなっていくものですね。
    10年ぐらい前に購入したハートフォードのSAA用木製グリップがそうでした。
    上の画像の様に、結果の早い仕上げをするのも楽しいですけど、
    あえて手を加えず、5年10年の長いスパンで自然な変化を楽しむのも良いものですね。

    02-04-2016 08:48 烈風@ (1)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.